【和歌山県田辺市】C.神を感じる絶景・秘境ツアー

和歌山県

【和歌山県田辺市】C.神を感じる絶景・秘境ツアーのイメージ

熊野の地に広がる大自然の圧倒的なパワーは、古来の人々の信仰の対象でもありました。
今なお残る独特の景観や絶景、温泉など、紀伊山地の豊かな自然を体感するツアーに出かけましょう。

ツアーの参加にはアプリが必要です。アプリをインストールしてツアーコード「08468」で検索してください。
アプリを利用すると、デジタルスタンプラリーやフォトブックなどが楽しめます。事故やケガに備えて100円で最大1億円の保険も加入できます。

龍神温泉元湯

和歌山県田辺市

龍神温泉元湯のイメージ

日本三美人の湯と称される龍神温泉の湯元です。源泉かけ流しのお湯や露天風呂も体感できます。
——————————————————-
【時間】7:00~21:00(閉館)
【休】無休
【料金】入浴料 大人800円,小学生400円

曼陀羅の滝

和歌山県田辺市

曼陀羅の滝のイメージ

温泉寺の奥山にあり、歩いてすぐ。中里介山の小説「大菩薩峠」の机龍之介が失明寸前に、この滝で洗顔治療し、全治したことで有名になりました。

道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワー

和歌山県田辺市

道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワーのイメージ

高野龍神スカイラインの最高地点にあり、様々な地元産品が揃う道の駅。護摩壇山にちなんだ護摩木を積み上げた形の展望塔からは紀伊山地のパノラマが楽しめます。
—————————————————–
【時間】9:30~16:00(土日祝は9:00~)
【休】12月1日~3月31日(冬季休業)
【料金】展望塔入場料300円

道の駅龍神

和歌山県田辺市

道の駅龍神のイメージ

木の香る館内では、地元ならではの産品や食事が楽しめます。隣接する吊り橋も見どころです。
——————————————————
【時間】売店9:00~16:00 食堂10:00~16:00
(※12月~3月は食堂10:00~15:00 休/水曜日)

ドラゴンミュージアム

和歌山県田辺市

ドラゴンミュージアムのイメージ

龍をテーマにした造形作品が一挙に展示されているので見応えがあります。地域の特産品や龍にまつわるグッズが買えるお店と郵便局が併設されています。
—————————————————-
【時間】9:00~16:00 
【休】火曜
【料金】大人500円、小学生250円(小学生未満は無料)

道の駅水の郷日高川龍游

和歌山県田辺市

道の駅水の郷日高川龍游のイメージ

龍游館、こすげ茶屋、木の椅子工房G.WORKSといった3つの施設が併設する道の駅。龍游館では地元ならではの食材や産品を味わうことができ、龍神しいたけや龍神そばを使ったメニューが人気です。併設する施設内では地元木材を使った家具や龍神在住アーティストの作品を見学することもできます。
——————————————————
【時間】売店 9:00~17:00 食堂11:00~15:00
【休】火曜日(祝日を除く)、 年末年始 

丹生ヤマセミの郷

和歌山県田辺市

丹生ヤマセミの郷のイメージ

果無山脈のふもとにあり、コテージとテントサイト、宿泊施設、さらに温泉館を併設したキャンプ場。登山前後の滞在や日帰り入浴にもおすすめです。
※デジタルスタンプは「温泉館」付近で獲得できます。
——————————————————
【時間】11:00~20:00(管理棟)
【休】火曜日(祝日の場合は翌日)、11月1日~3月31日(冬季休業)

ひき岩群(第1展望台)

和歌山県田辺市

ひき岩群(第1展望台)のイメージ

田辺市街地から車で10分程度の好アクセスで最大標高130m程度にも関わらず、ダイナミックな景観と360度の展望を楽しむことができます。吉野熊野国立公園にも編入された自然豊かな場所です。
デジタルスタンプは「第1展望台」で獲得できます。

龍神山(龍神宮)

和歌山県田辺市

龍神山(龍神宮)のイメージ

低山を楽しむうえで信仰というテーマはしばしば現れます。龍神山(りゅうぜんさん)もその舞台です。田辺湾に浮かぶ神島、世界遺産の鬪雞神社、そして龍神山にある龍神宮。地図で見るとこれらのスポットが一直線につながっていることがわかりますが、そこには田辺の信仰の原点ともいえる興味深い伝承が残っています。龍神山から市街地や田辺湾を眺め、そんな歴史に思いを馳せてみては。また、この3か所は日本のエコロジーの先駆者・南方熊楠ゆかりの地でもあります。熊野の自然をいまに残した偉人の足跡をたどってみるのも面白いのでは。
※デジタルスタンプは「龍神宮」付近で獲得できます。

高尾山(山頂)

和歌山県田辺市

高尾山(山頂)のイメージ

山が地域のシンボルとなっている例は全国的にも少なくないですが、ここ田辺では高尾山(たかおやま)が代表的。校歌などにも登場し、暮らしの中でも親しまれている山です。
登山地としても人気で、起点となる奇絶峡にはじまり、摩崖仏、眺望抜群の展望地など見どころ豊富。標高や距離はそれほどでもないものの、傾斜がきつく歩きごたえがあるので、高山を目指す人がトレーニングを行うこともあります。
※デジタルスタンプは「山頂」付近で獲得できます。

道の駅紀州備長炭記念公園

和歌山県田辺市

道の駅紀州備長炭記念公園のイメージ

紀州備長炭に関する様々な展示がある発見館や紀州備長炭を使った食事を楽しめるレストランなどが併設された道の駅です。梅や備長炭に関わる体験や炭窯の見学も可能。
——————————————————-
【時間】9:00~17:00(4~11月)、 9:00~16:00(12月~3月)
【休】水曜日(祝日の場合は翌日)
【料金】発見館入館料 大人220円、小人110円

天神崎

和歌山県田辺市

天神崎のイメージ

日本のナショナルトラスト運動先駆けの地として知られ、森・磯・海が一体となって豊かな生態系を形成しています。最近は、条件が揃うとウユニ塩湖のような写真が撮れるとして話題になりました。詳しくはホームページで確認を。
※デジタルスタンプは「丸山(灯台)」付近で獲得できます。
——————————————————
【所在地】田辺市目良19-7(天神崎元島第一駐車場)

紀州石神田辺梅林(入口付近)

和歌山県田辺市

紀州石神田辺梅林(入口付近)のイメージ

田辺市を代表する梅林で、その景色は一目30万本ともうたわれています。標高約300mに位置し、眼下にすり鉢状に広がる梅林と太平洋を眺めることができます。開花時期はイベントも行われます。
デジタルスタンプは入口(門)付近で獲得できます。
——————————————————
【所在地】田辺市上芳養5057-2

百間山渓谷(登山口)

和歌山県田辺市

百間山渓谷(登山口)のイメージ

緑と清流が美しい渓谷。滝や淵、巨岩、奇岩が次々と現れ、ハイカーを飽きさせません。特に、犬落ちの滝までの往復約3kmルートは、初心者でも歩きやすく、見どころも豊富です。
※デジタルスタンプは「登山口」付近で獲得できます。

道の駅ふるさとセンター大塔

和歌山県田辺市

道の駅ふるさとセンター大塔のイメージ

清流と緑に囲まれた道の駅。大塔エリアの拠点施設のひとつとして、山の恵みを中心に大塔の産品を取りそろえています。
——————————————————
【時間】9:00~17:00 
【休】火曜日